動画をリンクした最新トレンドニュース:くまさん係長 presents

高野誠鮮さんスーパー公務員が成し遂げた功績とビジョンとは

2015.07.19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

7月19日 日曜劇場「ナポレオンの村」が放送

役に立つから役人だ!

高野誠鮮(じょうせん)さんの言葉です。
素敵な方ですね。

とてもかっこいい方なんです。
僧侶と市役所職員を兼業している方なんですが、
限界集落と言われ子ども(年齢的な・・・)をここのところ見たことがない、
という方々ばかりの集落を復活させました。

でも実は、市役所職員の仕事・・・批判的だったんです。
しかも、最初は正規職員になれる予定のない臨時だったのですが、それまでのまちおこしの否定から快進撃が始まりました。
膨大な情報を収集し、陳密な戦略を立てて上司の反対も押し切り、
人の役に立つため突っ走ってきました。

数々のまちおこし案を打ち立て(成功の陰には数限りない失敗もしたようですが、それは置いといて)人の集まる集落を皆と作り上げました。

スポンサードリンク


原点は・・・アメリカ

高野氏の学生時代が成功の原点と言えるのではないでしょうか。
好きあことを突き詰めるため、カタコトの英語力から、必死で勉強しアメリカに飛びます。
このときはただひたすらに好きなことを追いかけたのですが、
今の成功につながる情報収集の重要さと戦略の立て方、人的ネットワークを徹底的に学びました。
この時期の経験が、好きなものを必死で学ぶことの姿勢と熱意を伝えれば、
叩けば響いてくれる人がいることに気付きます。

 

日本のお米と神様

日本のお米をローマ教皇に食べてもらう。
突拍子もない話だと思われますよね。
それを実現させてしまったのです。
高野氏が働いていた神子原の名前からさかのぼり、最初は天皇に食べていただこうと献上したそうです。
ですが、宮内庁に持っていったところ実現できず、諦めるかと思いきや、
世界を目指し、ローマ教皇へ献上しました。
世界中のカトリック信徒が注目し、問い合わせが殺到したところへ、「品切れです」と返し、有名デパートになら・・・と答えることで、
問い合わせが来た有名デパートから「卸したい!」と言わせることで、神子原米の価値が高騰しました。
楽天リンク

 

やめなければ成功する

そう。やり続ければ成功するんです。
でも、疑ってしまいますよね。
「もし、失敗したら」「もし、恥をかいたら」「もし、成功したとして、死ぬ前日だったら?」
出来ない理由を考えて、諦めるのではなく、
できる可能性を拾い上げませんか?
特別な人だから成功するのではないのです、信じてやり続けたから成功したんです。

画像参照元:UFOのまち研究室

ツイッターの声

スポンサードリンク

関連記事

WordPressテーマ「Dynamic」

カレンダー

2018年9月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
WordPressテーマ「Dynamic」

カレンダー

2018年9月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930