動画をリンクした最新トレンドニュース:くまさん係長 presents

ゴミの中から4200万円遺失物法では何か月で現金は発見者の物に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

群馬県沼田市で
産業廃棄物収集運搬会社でゴミの分別作業中
現金4251万円が見つかった。

63歳の産業廃棄物収集運搬会社の社員現金を発見
会社上司が群馬県沼田署に拾得届を提出

このような事件が飛び込んできた・・・・

2016年4月にも
京都南区の産業廃棄物処理会社が収集したごみの中から
現金約2300万円が見つかる出来事が起こっている。

私の中で疑問が湧いてくる・・・。
産業廃棄物収集業者ならゴミを収集した先を把握できているはず!
ゴミ収集車数台分が合わさって管理され
後に分別に掛かるとしても
産業廃棄物には破棄に必要な書類などが残っていないものなのか?
原型を留めないほどゴミをミックスされたものを
細かく人の手により分別に掛けるのか?

また、京都の2300万円はどのようになったのか?
ゴミに混ざった落し物は 何時まで警察保管で
何時誰に所有権が移るのか・・・。

沢山疑問に思うことが出てきましたので調べてみました。

スポンサードリンク


拾得物には遺失物法が適応される!

警察に届けられた拾得物
拾った人が拾得届を書いて提出するのだが
この拾得物には遺失物法というものが適応されるという。

また、今回のように
施設で発見されたものには施設占有者用拾得物取扱いとされる。
施設占有者とは?!会社などにより管理されている建物や施設内において
管理者との雇用関係者が自ら拾ったものに関しては
特別な法令等に基づき手続きを行う必要がある・・・。

調べれば調べるほど よく判らない・・・

スポンサードリンク

しかし、要は
今回の案件は拾った社員ではなく産業廃棄物処理会社が
細かい状況説明と手続きを行い 法定期間後
持ち主が表れなければ 発見者ではなく施設管理会社が
拾得物を取得できる権利を得られるということです。

結局、施設で発見されたものは従業員が発見すれば施設の物
一般の人が発見すれば 発見者個人の物となるようだ。
(細かい決まりが沢山あるようです。)

・発見してから7日以内に警察へ届けなければ施設占有者が有する権利を受けられない。
・現在では拾得届が簡単に家庭でも作成できるように警察サイトからダウンロードできる。
などなど、知らない世界がそこには色々ありました。

で!拾得物はいつ発見者(発見施設)のものになるのか?

平成19年12月の遺失物法改正により
現在の保管期間は 3か月間

以前は6か月でしたが 大幅に短縮しています。

昨年の京都の件は落とし主は現れたのか?

やましいお金で名乗り出なかったのか?それとも・・・

今回の群馬の件を含めてさらに調査しご連絡します。

 

スポンサードリンク

関連記事

今話題の商品!















Twitter:くまさん係長

ブログランキング


にほんブログ村 ニュースブログへ

今週「一押し!記事」




当サイト注目のアイドル



押さえておこう雑学記事







美しすぎる〇〇