動画をリンクした最新トレンドニュース:くまさん係長 presents

バックカメラの義務化!現在日本の後方確認用カメラの搭載事情は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカでは2018年5月から
後方確認用カメラ搭載を義務化が始まる。
2015年7月
日本でもやっと義務化の検討が始まった。
国土交通省が自動車メーカーに対し
今後の対応を検討し
新たな規制を提案する方針です。

日本独自案としてバックカメラのほかに
超音波センサーなどを利用した
より幅広く安全な基準を検討しているようですね。

現在の日本を走っている車の状況などを
少し記載し 未来の自動車に想いを馳せたいと思います。

スポンサードリンク


バックカメラの普及率

一昨年度2014年に生産された乗用車
バックカメラの搭載があるものは35%
超音波ソナーを備えている物は7%に留まっています。
このパーセンテージは年々増え続けている物の
義務化がなければ
普及はこのまま緩やかに推移するでしょう。

この装置が装備されていれば
防げたかもしれない事故が沢山存在します。
是非 多くの悲しい事故を未然に防ぐためにも
省庁始め自動車メーカーにも協力をお願いしたいところです。

車のバックカメラ 義務化へ

動画リンク元:毎日新聞

楽天リンク

 

 

 

今後の自家用車の機能発展

先日ステラ車の自動運転モードで初の死亡事故があり
自動車の近代化に
まだまだ多くの障壁があることが話題となりました・

テラス車の高速道路自動運転モードとは?

この自動運転システムを始め
多くの先端技術が開発され
様々なところで実用化が始まっております。
しかし、現状は
法の整備も整っておらず、
また 各部門がそれぞれの利権を狙って
上手く一つになって進んでいない感じが致します。

燃料一つにしても
現状で様々な可能性が研究開発されているのに
いまだにガソリンに依存。
水素やバイオなどの燃料が爆発的に普及するのは
何時になるのでしょうか?

燃料電池エコカー補助金

現行の技術力でもある程度まで出来るはずなのに・・・。
どうして資源を持たない日本が率先して
普及を行えないのでしょうか???

 

 

多くの画期的な技術が発表されています。

自動車の後部座席を透明化して死角を減らす光学迷彩技術 #DigInfo

動画リンク元:diginfonewsjapan

バックモニタに関わる技術で

最近話題となったスケルトンモニター

後ろに映し出す必要性は置いといて

手軽に実現できる技術なのに・・・

なぜ普及しないのか・・・。

 

今回バックカメラの装置
色々市販されている物を見ましたが
案外安く取り付けることが出来るのですね。

私ももう少し使い勝手のいいものを探して
今度は自分で取り付けに挑戦してみようと思っております。

スポンサードリンク

関連記事

今話題の商品!















Twitter:くまさん係長

ブログランキング


にほんブログ村 ニュースブログへ

今週「一押し!記事」




当サイト注目のアイドル



押さえておこう雑学記事







美しすぎる〇〇