動画をリンクした最新トレンドニュース:くまさん係長 presents

南スーダン戦闘激化!在留邦人退避へ自衛隊C130輸送機の派遣

2016.07.11

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

南スーダンで大統領派と反政府勢力との間で
戦闘が激化しているニュースが続いていたが

日本は在留邦人の安全な退避の為に
自衛隊C130輸送機をジブチに派遣する準備を始めた。

現在南スーダンには
JICAの職員を始め日本人が47名いるとみられ
安全な退避手段が求められていた。(自衛官は除く)

現在「南スーダン」では何が起こっているのか?
そして国連平和維持活動(PKO)に参加している
自衛隊の事に関して少し記載したいと思う。

スポンサードリンク


南スーダンの首都ジュバ

現在激しい戦闘が行われているのは首都ジュバ近郊
2016年7月8日の戦闘では
272人もの死者(33人の一般市民)も含まれている
南スーダンで起こっている戦闘
そもそもどういった争いから起こっている物なのか?!

 

アフリカ北東部に位置する南スーダンは
2013年一部の軍の反乱がおこり戦闘が勃発
大統領と前副大統領が対立したことが切っ掛けでクーデター騒ぎに
そして民族間衝突となり

さらにゲリラ体質により争いが複雑化しています

元々この南スーダンは2011年に独立したばかり
つまり政府の軍ももともとはゲリラとして
独立闘争を行ってきた兵士たち
この内紛で分断された兵士たちも
ゲリラとして戦いにすべてを捧げてきた兵なのです。

さらに南スーダンはアフリカ有数の石油産油国で
国家収入のほぼすべてに近い金額を
石油輸出に頼っております。
石油がらみの利権や国際情勢などの絡みから
内部紛争もなかなか複雑化してきている状態で
アメリカなどの和平交渉も
現状上手くいっていない状態

そんな中 日本はPKOで自衛隊を派遣し続けている。
国連南スーダン共和国ミッションとして
自衛隊法に基づく海外派遣として
2011年より司令部要員数名と
現地支援調整所要因などとして延べ多くの自衛官が
PKO活動として派遣されている。

2013年には「韓国軍部隊への銃弾提供」などで
日本国内でもこのPKO活動は
再び話題となったが
現在の自衛隊の活動などは
あまり国民に浸透していないのが現状ではないだろうか!
詳しい活動内容は
防衛相のHPにて 是非確認していただきたい。

政府は南スーダンでの国連平和維持活動を
当初の予定より 延長延長を重ね
2016年2月には 8か月間の期間延長を決定している。
これを受け6月には新たなる部隊が交代
第9次要員から第10次要員へ指揮転移されている。(350名)

スポンサードリンク

 

日本人としてPKOの活動理解

今回の自衛隊C130輸送機準備のニュースを聞き
日本人として 現在行われているPKO活動に関し
あまり知らなかったことに罪悪感を感じてしまいました。
昨日行われた参議院選挙
この結果がどうのこうのではなく
一人の日本人として
政治的な観点意外に
現実とした 自衛官の活動をもっと知る必要があると思うし
賛否があるだろうが 現実として
自分の中で理解し
その中から自分の想いを見つけ出さなければいけないんだなと感じました。

在留邦人退避へ自衛隊C130輸送機の派遣
政府専用機ではなく
戦地として自衛官が救出に向かうプロジェクト
更なるこれからの現実を
見極めていきたいと思いました。

 

 

スポンサードリンク

関連記事

今話題の商品!















Twitter:くまさん係長

ブログランキング


にほんブログ村 ニュースブログへ

今週「一押し!記事」




当サイト注目のアイドル



押さえておこう雑学記事







美しすぎる〇〇