動画をリンクした最新トレンドニュース:くまさん係長 presents

織田邦男元空将の中国機攻撃動作の記事に対しマスコミの反応が遅い

2016.06.29

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

織田邦男氏が2016年6月28日にJBpressにて公開した

「東シナ海で一触即発の危機、ついに中国が軍事行動」
中国機のミサイル攻撃を避けようと、自衛隊機が自己防御装置作動

という記事

6月28日お昼の段階で大変多くの人が記事を目にし
ネット上では「自己防御装置」「ドックファイト」「攻撃動作」
というキーワードが検索トレンド入りをしていた。

私もとても気になる情報だったので
すぐさま織田邦男氏の記事を確認
事の重大さを思い知らされた。

航空自衛隊の元最高幹部がリークした
衝撃の現状に驚き
情報が公表されていなかったことに驚き
私自身の頭の中は 「なぜ?」「なぜ?」「なぜ?」
「なぜ?」という言葉でいっぱいになった。

スポンサードリンク


織田邦男氏のこの記事以外の情報が出ていないことから
内容について ネットによくある
「誇張表現が引き起した集団危機意識」
私自身が踊らされているのかと錯覚さえした。

しかしこの記事を書いた織田邦男氏のことを
少し調べると 過去の経歴、どのような人なのかなど
簡単に情報を得ることが出来
この記事に書かれている内容にも一定の信憑性が持てる。
実際に現役時代 多くのスクランブルに関わる統括を
航空団司令として行ってきた方だ。
誰が見ても事実に反するリークをする意味がないことが判る。
国家公務員要職OBとしての守秘義務に関して
疑問は残るが、敢えて事実と反することを言う価値もない。

【6月24日配信】桜林美佐の国防ニュース最前線「スクープ!対中国、空でも高まる緊張!織田邦男元航空支援集団司令官、空将にお聞きします」【チャンネルくらら】
動画リンク元:チャンネルくらら(毎日18時更新)

 

 

ここに私が現在思っている「なぜ?」に関してメモしておく

1.なぜ政府は防衛相から上がってきている重大な事実を公表しないのか!

外交面でのデメリットや
現在行われている選挙活動に関する戦略的意図があるのは判るが
国民には自国防衛に関して知る権利がある。
政府もこの事案を 外交や政権維持に有効利用できる術を検討できなかったのか?

2.なぜ一OBからのリークを許したのか
国家として情報を管理するなら 正義をもって情報を管理する必要がある。危険を冒しての個人的つながりから発生するリークは防ぎようがないかもしれないが、非公式ながらそれをあっさり認める防衛相関係者や政府関係者がいることが どうしても納得いかない。

3.なぜマスコミの反応速度が遅いのか
重要事案なので裏が取れないと動けないということも多々あると思うが
色んな角度からの分析でも速やかに伝えるべきである。
色々な(経済活動の縛り、国家権力の縛り、対外関係の縛り)柵があるのは判るが その障壁を越えて 正義を表現するのがマスコミの役割と思うのだが・・・。
資本主義社会での情報の自由はもはや地に落ちているのであろうか?
正義の理念が情報化社会において廃れてしまっているのか

おそらく マスコミ関係者も
織田邦男氏の記事を見て
まず織田邦男氏のことを調べ
信用に値する記事ということを理解し
話の内容の裏を取りに行ったに違いない。

それにしても政治家がらみで裏が取れずに苦労したのか
反応が遅すぎではないだろうか!

それとも そこにも深い意図があるのであろうか・・・。

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

関連記事

今話題の商品!















Twitter:くまさん係長

ブログランキング


にほんブログ村 ニュースブログへ

今週「一押し!記事」




当サイト注目のアイドル



押さえておこう雑学記事







美しすぎる〇〇