動画をリンクした最新トレンドニュース:くまさん係長 presents

京大式ダイエット?炭水化物食べながら痩せる森谷敏先生の方法

2015.07.24

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

世界一受けたい授業の驚きダイエット法とは?

炭水化物抜きダイエット、したことありますよね、もしくしようと思ったことありますよね。
ダイエットを始める時の入門編のように、
たいていの人は考えるのではないでしょうか。

 

ですが、実はこれ脳の専門家によると危険極まりないんです。
森谷敏夫先生の提唱するダイエットは、3食しっかり食べて、
炭水化物も減らすことなく良く噛んでしっかり食べることを提唱しているんです。
糖を取らないダイエットは隠れ肥満を増やし
体重は減ってウキウキしていても、
実は水分が減っただけで脂肪はそこまで減っていないんだそうです。

スポンサードリンク


「糖質カット」タイプのダイエットは危ない

脳の栄養素は糖質だけです。
糖質を取らないと、脳は正常に機能できないんです。
脳が働かないので、しっかりと考えることができなくて、

失敗ばっかり、時には危険なこともあり得ます。
筋肉量が減り、その上で判断力が落ちるのですから、

危機的状況で正確な判断能力と行動力が低下していきます。
骨に回すための栄養素が他の所へ回されるため、骨粗鬆症の危険性も高くなり、

行き過ぎた糖質制限は、認知症が発症する確率も高くなります。
糖質ダイエットをして筋力が落ちているところに骨折をすると、

寝たきりになってしまう方もいらっしゃいます。
もっと身近なところで言うと、

ダイエットをして目指している理想はおそらく綺麗でスリム! ですよね?

でも、張りのない筋肉とくすんだ肌で綺麗になったといえるでしょうか。

 

森谷敏夫先生はどんな方?

036

画像引用元:京都大学

 

森谷敏夫先生とは、京都大学大学院 人間・環境研究科の教授です。
肥満研究の世界の権威で、京大で一番受けたい授業と引っ張りだこです。
60歳を過ぎているのに毎日8㎞のジョギングをして、
自身の理論を日々実践し、体脂肪率9.8%をキープしているんだとか。
糖を摂取しても太らないことを提唱しているんです。
糖は唯一の脳のエネルギー源なのだから減らしてはいけない
、余ったとしても、グリコーゲンという一時的な保存エネルギーに変換されるだけなので、
簡単には脂肪にならないとの理論なのです。

 

太りにくくするために大切なこと

1, 食事はゆっくり、3食きっちり
2, フルーツ、ケーキは食前に!
3, 脂質は控えめ、おかずは和食
4, 炭水化物、食べて満たそう脳の栄養・満腹感
5, 噛んで増やそう熱産生
6, お酒は自腹を切って飲む
7, 買い物に行ってはいけない「すきっ腹」
8, 食事は色どり、バランスよく
9, ドレッシング控えて食べよう、野菜ガッツリ
10, 「早食い」「ドカ食い」「ながら食い」それが三種の肥満の神器

引用元:WellnessLINK

無理に食べたい物を我慢して痩せるよりも、ちょっとは食べても平気!

というのはうれしいですよね。
ダイエットはしんどい、ではなく楽しく綺麗に痩せたいですものね。

そのためには正しい知識と 正しい取り組み方をしっかりマスターする必要があります。

信じれる先生が提唱されている方法を正しく行うことの大切さを

実感し、日々の努力を惜しまないこと!

自分にちょっと語りかけてみましたw

 

Youtube 森谷敏夫先生関連動画

リハビリユニット エビデンス紹介 

動画リンク元:Youtube

 

 

スポンサードリンク

関連記事

WordPressテーマ「Dynamic」

カレンダー

2018年7月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
WordPressテーマ「Dynamic」

カレンダー

2018年7月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031