動画をリンクした最新トレンドニュース:くまさん係長 presents

スマートレターは信書も送れる封筒型郵便!ネコポスとの違いは?

2015.03.06

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本郵便の小型の郵便物新サービス

2015年3月6日、日本郵便は小型郵便物を対象とした

新サービス「スマートレター」を発表した。

先日、クロネコヤマトのメール便が信書扱いの問題?!で

サービスを終了

代わりに新サービスを打ち出したばかり。

このタイミングでの

なんか腑に落ちない日本郵便新サービススタートとなった。

 

4月3日からまずは東京都内でサービスを開始

5月以降に全国展開に向け販売範囲を広げていくとしている。

こちらでは「スマートレター」のサービス内容

クロネコヤマトの新サービス「ネコポス」との違いに焦点を当て

解説していきたいと思います。

スポンサードリンク


「スマートレター」とはどんなサービスなのか?

まずはニュース動画から

ヤマト運輸に対抗?日本郵便「スマートレター」開始(15/03/06)

動画リンク元:ANNnewsCH  (ナレーションは入っていません)

 

スマートレターとは ?

現行サービスの「レターパック」と似たサービス

専用の封筒を購入し、物をそこに同封することによって

郵便ポスト投函で配達してくれるというもの。

大きさは 25cmx17cm

厚さは 2cmまで

重さは 1kgまで

料金は 税込180円

※追跡サービスは利用できません。


 

今までクロネコメール便を利用していた人たちは?

今までメール便を利用していたのは

軽量コンパクトな商品を購入者に届ける通販業者

企業間のやり取りなど

個人というよりも、業者がらみが多かったと思われます。

果たして、今回の日本郵便新サービスは

これらの需要にマッチできるサービスなのでしょうか?

ポイントはやはり追跡サービス?信書問題?..

それとも価格か・・・。

 

追跡サービスがないことは

利用価値としてかなりマイナスと思われます。

その分 安価となっているのでしょうが、

今までのメール便に比べると とても安いとは言い難いし

わざわざ専用の封筒に入れなければいけないのは

商品を扱う業者にとってはかなりの作業負担となるでしょう。

 

一方クロネコ新サービス「ネコポス」は?

ヤマト運輸の新しいサービス「ネコポス」は

小さな荷物を受取人ポストに翌日配達し投函してくれるサービス。

利用できるのは 法人や契約した個人事業主に限定され、

料金は契約形態によって変わるが

一般的なものでは 1つ当たりの送料は250円ぐらいとなる。

大きさは 31.2cm×22.8cm

厚さは 2.5cmまで

重さは 1kgまで

料金は 税込250円くらいから・・

※信書は依然送ることはできない

 

信書問題に関連すると

結局、インターネットで通販等利用すると

納品書、領収書など 信書ととらえられるものが同封されますよね。

なければ困る方ももちろん多い。

これをネット経由で受取人が自前プリントで代用と言っても

中々対応できない企業、個人も多いのでは・・・。

となると、結局のところ

利用できるのは、日本郵便のみとなる・・・。

どうなんでしょうかね?これって。

スポンサードリンク

 

ツイッターの意見

 

スポンサードリンク

関連記事

今話題の商品!















Twitter:くまさん係長

ブログランキング


にほんブログ村 ニュースブログへ

今週「一押し!記事」




当サイト注目のアイドル



押さえておこう雑学記事







美しすぎる〇〇