動画をリンクした最新トレンドニュース:くまさん係長 presents

夫婦喧嘩注意報とは?気象庁の注意報にそんなのあるの?調べました

2015.01.06

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夫婦げんか注意報が発令された?

「気象庁の注意報に夫婦喧嘩注意報というものがある!」

というTwittwer情報を入手しましたので

本当かよ~♪的な感じで調べてみました。

調べてみると 気象病なるワードが・・・。

この夫婦喧嘩注意報が使われた経緯と

関連される気象病に関して記載いたします。

スポンサードリンク


夫婦喧嘩注意報の経緯を調べてみると

2007年4月に日本気象協会北海道支社

実際に注意喚起したことがあるみたいですね。

しかし、これは注意報と呼ばれるものではなく

短時間に気温が急上昇し、

体調不良や気分が落ち着かないなどの

気象病が起こる可能性

から、車の運転や、夫婦喧嘩に注意を 

呼びかけたものみたいですね。

 

気象病って何?

気象病とは天候の急激な変化により

体調を崩すことで、

「天気が悪いと古傷がうずく」などの身体的症状

天候の変化に伴う、気持ちの変化を伴う体の不調などのこと。

メンタル部分の変化を伴う症状としては

不安・うつ・発作・イライラを伴うものがあり

これが気象状況によって大きく左右されるということで

寒暖の差が激しい天候の日などには注意が必要とのこと。

 

これが今回言われている

気象病による 夫婦喧嘩に注意

ということを伝えた要因だったみたいですね。

 

やはり、天候により自律神経が乱れ

心体に大きく影響してくることが

近年、科学的に判ってきているみたいです。

昔から 多くの人が経験しているでしょうが・・・。

 

しかし、ピンポイントな限定注意喚起すぎる

気象病による心の変化によって起こる災難などを

注意喚起するに当たり、夫婦喧嘩に限定した

呼びかけを行ったのはなぜでしょうか?

隣人との接触を避ける 隣人トラブル注意報でもいいはずだし、

一言余計なことを口走ってしまうイヤミ注意報でもよかったはず。

 

まあ、

一番手軽に喧嘩できて、一番災難が多い

夫婦間の喧嘩だからこそ

確かに日常的に注意が必要ということでしょう。

私的にはその点は納得w

 

ここで気象庁と気象協会の違いを少し!

気象警報はどこから出るのか?という疑問が・・・。

 

気象庁は国土交通省の外局

気象協会は国土交通省管轄の財団法人とのこと

気象庁が発表した気象情報を

各メディアを通じて公開・伝達するのが気象協会とのこと。

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

関連記事

今話題の商品!















Twitter:くまさん係長

ブログランキング


にほんブログ村 ニュースブログへ

今週「一押し!記事」




当サイト注目のアイドル



押さえておこう雑学記事







美しすぎる〇〇