動画をリンクした最新トレンドニュース:くまさん係長 presents

フォッサマグナ上の地震か?!長野県北部で震度6弱で震源が浅い

2014.11.22

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11月22日22時8分

そして22時37分

長野県北部で震度6弱を観測する地震があった!

震度6弱を観測したのは、長野市、小谷村、小川村

震度5強を観測したのは、白馬村、信濃町

震度5弱=新潟県上越

震度4=新潟県中越、石川県能登、長野県中部

震度3=群馬県北部、群馬県南部、埼玉県南部、新潟県下越、富山県東部

津波の心配はなし!

スポンサードリンク


 


フォッサマグナとの関連は?

フォッサマグナとはラテン語で

「大きな溝」を意味する言葉

今回は震源が10kmと浅く、

中部地方から関東地方にかけての地域を縦断するフォッサマグナ

関連した地震とみられる。

03

フォッサマグナの位置

 

フォッサマグナを簡単に解説すると

古い地層でできた本州の中央をU字型の溝が南北に走り

その溝に新しい地層が溜まっている地域のこと。

 

つまりはプレートの歪にできた新しい地層であり、

近年その動きが活発化し、多くの隆起が見られていた。

 

フォッサマグナの特徴として

活動中の火山が多く存在すること!

新潟焼山、妙高山、浅間山、八ヶ岳、富士山が列んでいる

直接の影響はわからないが、火山活動への影響も懸念される!!

 

Youtube 非関連動画01

フォッサマグナ異常隆起中

スポンサードリンク

何とも恐ろしい現象が数年前から起こっているのです。

 

見た目は高山地域だが、地層の下には大峡谷地形が存在

そして大量の水が溜まっているという

揺れが起こると、地盤が大きく動く可能性!

 

今回の地震!

余震が続く可能性があるそうです。

十分な警戒を行ってください。

取り急ぎ現在把握している情報を整理し、追記していきます。

追記:11月23日

長野県北部で発生した最大震度6弱の地震は

「逆断層型」地震という発表がありました。

今回は「神城断層」近くで起こっており

東西方向に圧縮され、ひずみがたまっている場所とされている。

 

23日にも余震が起こっており、警戒が必要です。

ご注意ください!!

 

スポンサードリンク

関連記事

今話題の商品!















Twitter:くまさん係長

ブログランキング


にほんブログ村 ニュースブログへ

今週「一押し!記事」




当サイト注目のアイドル



押さえておこう雑学記事







美しすぎる〇〇