動画をリンクした最新トレンドニュース:くまさん係長 presents

磁気嵐で6日間地球が闇で覆い尽くされる?!本当にNASAの発表?

2014.11.22

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

衝撃的なニュースが流れているが・・・。

NASAが発表したという?このサイトのニュース内容

12月16日から22日まで、地球をここ300年で最強の磁気嵐が襲う。この異常現象が続く間、太陽光は9割遮られる。磁気嵐は太陽のAR2192黒点からのプラズマ放出によって引き起こされる。ここ数週間、この黒点が、地球にテロルをしかけている。10月16日から30日までの二週間、同じ黒点が大規模な爆発を旺盛に繰り返した。

上記の期間、地球全域でオーロラが見られる。空の色は猫の目のようにかわる。赤く、ピンクに、その他の色に。一週間の間、全人類が、数世紀ぶりの長々しい夜を体験することになる。通信に異常が出る可能性もある。

文引用元:ロシアの声

何とも恐ろしい・・・。

こんな大事なこと、土壇場で第三者的に発表してます。

そして、あっさり言っちゃってますが、

文明破壊が起きる規模ですから!!

この記事の真相?!

どういうことなんでしょうか?

スポンサードリンク


そもそも磁気嵐とは?!

磁気嵐とは

地球がもともと持つ地磁気が通常の状態から変化し

乱れが生じること。

通常、磁気嵐とは全世界的に地磁気が減少することを指す。

大規模な磁気嵐の多くは太陽フレアに伴ってコロナ質量放出(CME)と呼ばれるプラズマの塊が太陽から放出され、それが強い南向き磁場をともなって地球磁気圏に吹きつけた場合に発生する。このような磁気嵐はフレア発生から1~数日後に観測され、太陽フレアが太陽黒点の活動と関係していることから太陽黒点数が多い太陽の活動が活発なときに発生しやすい。

文引用元:wikipedia

磁気嵐が起きるときには激しいオーロラ嵐も一緒に発生するそうだ。

 

過去の磁気嵐や太陽フレア関連ニュース

Youtube 非関連動画01

磁気嵐が地球に ウクライナ、ロシア

Youtube 非関連動画02

これまで見たことのない太陽面大爆発

 

こちらの解説は非常にわかりやすい!!

Youtube 非関連動画03

太陽からの突風

スポンサードリンク

 

 電磁嵐はどれくらいあらかじめ予測できる物なのか??

上記3つ目の映像にもあった通り、

実際は長期の予測不可能であるはずである・・・。

 

そして

数か月後の太陽フレアを予測するのはなかなか難しいはず。

 

もし12月の発生予測をNASAが発表しているなら

トップニュースになりますよね。

 

現在の太陽のご機嫌はこちらでわかりますよ!

宇宙天気ニュース で確認!

 

実際にNASAが掲載したという記事も発見できませんでした。

裏が取れないニュースはデマということでしょうね。

多くの人がソース元を怪しんでいますし・・・。

残念ながら私は実証できませんが・・・。

みなさん、踊らされないように!

って私が一番踊らされましたが・・・・。

 

楽天リンク

 

 

スポンサードリンク

関連記事

今話題の商品!















Twitter:くまさん係長

ブログランキング


にほんブログ村 ニュースブログへ

今週「一押し!記事」




当サイト注目のアイドル



押さえておこう雑学記事







美しすぎる〇〇