動画をリンクした最新トレンドニュース:くまさん係長 presents

アスリート食を手軽に夏バテ防止!栄養バランス簡単レシピ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

朝イチなどで紹介された
鹿屋アスリート食堂」が今、注目されています。

多くのアスリート学生を抱えている
国立体育大学である
鹿屋体育大学が監修をする食堂

 

同大学でスポーツ栄養学を教える
長島未央子先生がメニューを監修。

 

“一汁一飯三主菜”を掲げ
主菜は15品の中から3品だけ
好きなものを選べるようになっているんだそうです。
ご飯も 白ごはん、アス米から選択
店には管理栄養士さんも常駐とのことで
相談しながら食に関する知識を得られるそうです。

 

そんなアスリートを支える食事
その食材・調理法を元に簡単な1品をご紹介します。

 

アスリートだけじゃない
アスリート食に学ぶ
誰もが暑い夏を乗り切るためのレシピ!!

スポンサードリンク


 

スポーツ選手が持久力や瞬発力を上げるために
取り入れる食事が

多くの体力を消費してしまう猛暑のこの時期に
大変役立ちます。

 

アスリートも多く摂取する持久力UPのための
栄養素を含んだ食材は!!

 

○ひじき・にんじん・卵・鶏肉を使った一品

この時期不足しがちなのが鉄分
血液に酸素を運ぶ役割をする鉄分は
持久力アップには欠かせないものです。

この鉄分を多く含んでいるのがひじき

 

そのほかひじきには
カルシウム・食物繊維・ビタミンAが多く含まれています。

 

にんじんはビタミンAを豊富に含み
活性酸素による老化から守ってくれる抗酸化作用があります。
この暑い時期に必要な栄養素が大変豊富。

 

にはレシチンが含まれ
脳細胞を活性化し、血行を良くしてくれ
持続力を大きく高める効果が期待できます。

 

鶏肉に含まれるメオニチン
こちらには肝機能を上げる効果があります。
夏 冷たいものの採りすぎで負担をかけている
胃にも消化が良く栄養吸収が早い
鶏肉がお勧めです。

スポンサードリンク

 

上記4つの食材を使った簡単レシピが

036

簡単ひじきオムライス

材料(2人前)
・鶏肉(脂身の少ない胸ミンチ)
・にんにく 一片(夏の味方)
・玉ねぎ  2/1個
・にんじん 2/1個
・ひじき 2掴み(適量より少し大目)
・卵 3個

 

オムライス調理法

まずはオムライスから
・フライパンを強火で熱し少量の油をひきます
・細かくみじん切りしたにんにくと鶏ひき肉を炒めます。
・みじん切りした玉ねぎを加えます。
・軽く塩コショウ(ケチャップをかけるので控えめに)
・ご飯を投入し 強火で一気に煽りながら炒めます。
最後にケチャップを大サジ3杯分からめたらお皿に盛ります。

オムレツの調理
・ひじきを水洗いし、よく水を切っておきます。
・フライパンに少量の油をひきみじん切りしたにんじんを
中火でしんなりとするまで炒めましょう。
・ひじきを混ぜ炒めます。
・よくとじた卵を流し込み ゆっくりとサジで回し混ぜます。
・半熟がご飯と絡みやすいので 加熱しすぎには注意しましょう!

 

お皿に盛ったオムライスの上に卵を乗せれば 出来上がり!!

 

この暑い夏を乗り切るために

きちんと栄養を考えた食事を心がけ

アスリート食に学ぶ栄養の基礎を学び
素材選択からの献立作りをお勧めします。

 

料理好きですがズボラな私にはなかなか難しいですけど…。

自分と家族の健康のためですね。

頑張って奥さんを助けたいと思います。

スポンサードリンク

関連記事

今話題の商品!















Twitter:くまさん係長

ブログランキング


にほんブログ村 ニュースブログへ

今週「一押し!記事」




当サイト注目のアイドル



押さえておこう雑学記事







美しすぎる〇〇