動画をリンクした最新トレンドニュース:くまさん係長 presents

リベリアから入国の男性エボラの疑いで国立国際医療研究センターに

2014.10.28

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

羽田空港で発熱の男性

10月27日夕刻に羽田空港に到着した男性が発熱
この男性が西アフリカのリベリアに8月から10月18日まで
2か月間の長期に渡り西アフリカに滞在していたことから
念のためエボラ出血熱、エボラウイルスとの関連性を調べるため
厚生労働省管轄の元
新宿区にある国立国際医療研究センターに
男性を搬送し検査を行っていると発表された。

男性から採取された血液は
東京の国立感染症研究所に送られ、
詳しく調べられるという。

結果に関しては28日未明に判明とのこと

スポンサードリンク


いよいよ日本に本格上陸があり得るのか?!

厚生労働省によると、
未然にウイルスの日本侵入を防ぐための対処の一環で
10月24日より危険地域4か国の滞在履歴などを照らし合わせ
最善の注意を払っている対処の一つということ。

明日の未明(いつ頃発表があるかは定かではない)
結果がどのようになるのかが、心配されるところだ。

遅かれ、早かれ 日本にも上陸するのは
防ぎようがないこと・・・。
ここで、
エボラ出血熱になるウイルスの感染経路の可能性、
及び、予備知識を知っていていただきたい。

Youtube 非関連動画01

リベリア滞在の男性が発熱 エボラ出血熱に感染していないか検査(14/10/28)

動画リンク元:FNNnewsCH 

 

スポンサードリンク

エボラ出血熱とは?!

以前は致死率90%を超える
恐怖の感染症と言われていた。

現在西アフリカにおけるエボラ出血熱の広がりは甚大で
多少終息されてきているという発表があったものの
まだ、油断できない状況だ。

10月19日の段階で 西アフリカにおける感染者の状況は
感染者9915人
死者4869人
10月25日の発表では 1万人を超える患者数が報告されています。
現状での致死率は約50%
この確率は徐々に増えていくものと思われます。

 

感染経路に関して

感染経路に関しては、
国立国際医療研究センターに移された
男性の血液検査などを行っている
国立感染症研究所が発表している文章がありましたので
こちらに引用させていただきます。

※エボラウイルス病(Ebola virus disease: EVD)と記載されています。

EVDは感染したヒトまたは動物の血液などの体液と直接接触した場合に感染の危険が生じる。 ヒトへの感染の発端が、アフリカでは熱帯雨林の中で発見された、感染して発症または死亡した野生動物(チンパンジー、ゴリラ、オオコウモリ、サル、レイヨウ、ヤマアラシなど)をヒトが触れたことによると示唆される事例が報告されている。その後、感染したヒトの血液、分泌物、臓器、その他の体液に、創傷のある皮膚や粘膜を介して直接的接触することにより、またはそのような体液で汚染された環境への間接的接触でヒト-ヒト感染が起こる。地域で行われていた葬式の風習も(会葬者が遺体に直接触ること)、EVDの感染伝播に寄与したと考えられる。接触感染予防対策が適切になされないこと、適切に実施できない環境にあることが、医療従事者における感染の原因である。 EVDは基本的に稀な疾患であるが、エボラウイルスに感染しないためには、流行が知られている地域に行かない(そのための情報をあらかじめ収集する)、野生動物の肉を生で食さないことが重要である。流行地では患者(感染者)の体液(排泄物を含む)や、患者が触れた可能性のある物品に触れないようにし、十分な手洗いを実践することが重要である。

引用元:国立感染症研究所

正しい知識と、正しい対処で

危機を乗り越えられることもあると思います。

正しい情報と、病気に対する正しい扱い、

今、アメリカなどでは人権を無視したエボラ狩りが

マスメディアを通じて行われています。

このようなことが起きないためにも

正確な知識、そして危機を協力して切り抜ける

覚悟が必要となるのではないでしょうか?

 

男性の病状、結果が分かり次第また追記していきます。

 

関連記事:

アビガンが効いた!スペインのエボラ感染看護師が投与後快方へ

スポンサードリンク

関連記事

今話題の商品!















Twitter:くまさん係長

ブログランキング


にほんブログ村 ニュースブログへ

今週「一押し!記事」




当サイト注目のアイドル



押さえておこう雑学記事







美しすぎる〇〇