動画をリンクした最新トレンドニュース:くまさん係長 presents

イカタコキックの進化!17歳・渡部香生子がアジア大会水泳平で金

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本競泳女子 金メダル獲得!!

韓国仁川で行われているアジア大会第4日
9月22日競泳の女子は 200メートル平泳ぎの決勝が行われ
渡部香生子・17歳 JSS立石所属が
2分21秒82で制し金メダルを獲得した。

 

12~13歳の頃から才能が開花し
多くの人に名前を知られ
数々のメディアにも取り上げられていた彼女。
しかし、肝心なところで心の弱さが露呈し
大きな舞台で決勝の場に立つことが途絶えていた。

今回は17歳になり 心強い選手に成長
パンパシフィック選手権に続く金メダルを獲得した。

今回金メダルを獲得したことでnews everyでも特集された

彼女の強さの秘密と魅力に迫ります。

 

 

スポンサードリンク


簡単なプロフィール

03

渡部 香生子(わたなべ かなこ)

1996年11月生まれ

東京都葛飾区出身

血液型:A型

4歳から水泳を始め中学1年生の時もっとも苦手な種目平泳ぎを専門とする

2010年 中学2年生の時以来様々な大会で優勝を飾り

今では、誰もが認める日本のエースに

現在、武蔵野高校在学中

早稲田大学への進学も決まっているようです。

 

Youtube 非関連動画01

苦手種目で世界を目指す 競泳界のニューヒロイン、渡部香生子さん

 

しかし、彼女が評判になっているのは実力と共に彼女の可愛さ!
とてもかわいらしい笑顔に引き込まれそうになる。

02

彼女の強さ・速さの秘密は何なのか?

2011年彼女が14歳の時に
オリンピックのメダル候補として注目を浴びた時期に
報道ステーションで松岡修造さんが解説していた
秘密があるのです。

 

それは、渡部香生子が独自に編み出した泳法
フワーッと進む「イカタコキック」です。

01

イカタコキックとは?

彼女の泳ぎを見ていたコーチが
彼女独特の泳ぎ方を見つけ
その利点を最大限に生かせるように日々進化をさせて来たそうで

 

イカやタコのような海の軟体生物はフワーッとしたキック
力をあまり使っていない状態で前に進む

 

従来の足を大きくひきつけ、大きく蹴りだす泳法では
足を引き付ける際に逆向きの力が作用し

前に進む力を弱めてしまう
しかし、イカタコキックで 足を小さく引き付けて泳ぐ
ことにより 抵抗を低くし
力をあまり使わずに楽に前に進むことができるということ。

 

簡単に言っているようですが、

理論的にこのことが誰にでも当てはまるものならば
みんなが、取り入れるであろう泳法。
しかし、彼女オリジナルなのは
彼女だからできる、彼女じゃないとできない
多くの何かが存在するんでしょうね。

 

その部分を、日々進化させ
今日の記録・活躍に繋げているのだと思います。

それが、日々の努力!!

 

多くの人から愛される笑顔を持った水泳少女
17歳ということで、この後のリオ・東京と
夢が膨らみます。

 

スポンサードリンク

関連記事

今話題の商品!















Twitter:くまさん係長

ブログランキング


にほんブログ村 ニュースブログへ

今週「一押し!記事」




当サイト注目のアイドル



押さえておこう雑学記事







美しすぎる〇〇