動画をリンクした最新トレンドニュース:くまさん係長 presents

女子飛び込みに14歳板橋美波が出場!東京五輪期待の新星現れる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大会結果速報

9月30日 女子シンクロ高飛び込み決勝

板橋美波(JSS宝塚)、辰巳楓佳(JSS宝塚)ペアは

284.22点で4位 残念! メダル届かず・・・

次の個人種目に期待です。

しかし、テレビ放送 してくれないのかな・・・。

 

アジア大会参加の14歳-板橋美波が凄い

第17回アジア競技大会(韓国仁川)が行われているが
この大会の女子飛び込み競技に
日本の期待の新星 板橋美波選手が参加している。

 

彼女は9月19日行われた
飛び込み:日本選手権
女子3メートル板飛び込み
初出場・初優勝
なんと彼女は14歳で優勝と
最年少優勝記録を更新している。

スポンサードリンク


彼女への期待はテレビでも放送予定

9月22日放送予定の報道ステーション

この中でも彼女の活躍と期待が紹介される。

 

彼女の繊細できれいな演技に
早くも「東京オリンピックの期待の星」
との声が高まり

今回出場するアジア大会でも
活躍が期待されています。

Youtube 非関連動画01

W3m springboard diving 国際大会派遣選手選考会

女子 3m飛板飛び込み 東京辰巳国際水泳場 2月9日の模様です。

長い映像ですが見るからに難易度な技を決めているのが板橋美波選手です。

 

経験が必要な飛び込みの競技

経験が何よりも重要な飛び込みの競技で
中学生ながら高難度の技を決めていく

同じく今回日本代表として出場する
渋沢 小哉芳選手と同等の難易度の技を決めるのである。

06

 

 

彼女のプロフィール

03

板橋美波(いたはし・みなみ)

2000年1月生まれ
兵庫・宝塚市出身
JSS宝塚所属
身長:150cm
体重:42kg

小学校1年生の時に競泳をはじめ
3年生の時に飛び込みに転向
中学2年の時に日本選手権高飛び込みで3位
今年の6月には室内選抜で高飛び込み優勝
8月の全国中学大会では高と板の2冠

お父さんは元柔道選手の板橋秀彦さん

(日体大柔道部で活躍されていたみたいです。)

スポンサードリンク

 

今回のアジア大会は

リオのオリンピックや東京五輪への試金石と言われています。
9月29日(月)から10月3日までの間に
飛び込みの熱戦が繰り広げられる。

彼女がこのプレッシャーの中 どんな演技をするか

注目です!!

 

彼女自身も力強い言葉を!!

アジア大会で上位を目指し、2年後のリオデジャネイロ五輪は「出場を狙っています。」そして、本番は20歳で迎える東京五輪。「もっと練習してミスを減らし、メダルを取れるように頑張ります。」
引用元:日刊スポーツ

 

彼女の競技結果に関し

当サイトで速報・記事を記載していきます。
彼女の活躍をお楽しみに!!

 

スポンサードリンク

関連記事

今話題の商品!















Twitter:くまさん係長

ブログランキング


にほんブログ村 ニュースブログへ

今週「一押し!記事」




当サイト注目のアイドル



押さえておこう雑学記事







美しすぎる〇〇